« 年の初め | トップページ | 1月にみつけた虫たち »

2014年2月11日 (火)

庭木の剪定

6・7日と個人邸の庭木の剪定を行いました。

今までは他の造園屋さんがやっていたそうではじめて頼まれました。

12月に剪定したかったのですが、厳寒期になってしまいました。

主木のイヌマキは9月頃に行うこととしてウメ・マツ・モチノキ等を剪定しました。

 

モチノキは刈り込みで、ウメは刈り込み様になっていましたが枝を間引きウメらしい樹形にしていくつもりです。

モチノキの害虫タイワントガリキジラミの影響でかなり弱っていました。

施主様と相談して、2月に緩効性固形肥料を施し、4月にアブラムシの防除を兼ねて薬剤散布を行うこととしました。

樹勢回復ができると思っています。

P2060007  P2070012

   手前モチノキはかなりひどい                   奥のモチノキの葉の状況

 

P2070013  P2070014

    奥のモチノキの葉の状況                    奥のモチノキの葉の状況

 

 

 

数年前に撮ったタイワントガリキジラミの写真です。

千葉県山武郡市は被害が多いですがクロガネモチの被害は見ていません。

この状況が続くとモチノキでも枯れてしまいます。

Photo  Photo_2

 

Photo_3  Photo_4

モチノキの新葉に産卵している成虫の様子です。産卵数も多いので成虫も大発生します。

 

 

ウメにシイサルノコシカケがありました。心材はかなり腐朽していると考えられます。

状況を観察することとしました。

P2070010  P2070011

 剪定は足をかける程度にして登りませんでした。  

 

 

« 年の初め | トップページ | 1月にみつけた虫たち »

造園・庭園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1935063/54927796

この記事へのトラックバック一覧です: 庭木の剪定:

« 年の初め | トップページ | 1月にみつけた虫たち »